【初級編】ブレーキパッド センサー

車運転.com スマートフォン専用サイト

HOME >ブレーキパッド センサー

【初級編】ブレーキパッド センサー

「車を長く乗り継ぐための裏ワザ」としてのテーマ第7回目は ブレーキについてのメンテナンスとなります。

ブレーキ パッドセンサーについては 下記URLの中ほどに画像と共に詳しく説明されています。
http://www.dixcel.co.jp/subcontent/literature/literature03.html

ブレーキパットの厚みは一般的に新品時の厚みは10mm程度です。
交換時期とは大体4mm以下が目安となっております。

ブレーキパッドは車種・車重やブレーキの踏み方によって消耗度合は大きく異なります。

ちなみに平均的な消耗距離ですが、早い方であれば2万km 普通で4万km、遅い方なら6万kmといったところが私の経験値になります。

そしてブレーキパッドは消耗するとパットセンサーが付いてるので運転者に 判るようになっています。

パットセンサーには機械式と電気式があり、高級車にはメーターパネル内に インジケーターで警告するタイプが一般的です。

そして通常の車は機械式であり、ブレーキパットに細い金属の板が取り付けられています。

ブレーキパットが交換時期になると、この細い金属の板がブレーキローターに接触し、 ブレーキを踏むと、耳障りな「キー」という音で知らせる仕組みになっています。

【裏ワザ】

ブレーキパットの残量がゼロになると、ブレーキパットが当たるローター という円盤状の金属を損傷させて交換が必要になってしまいます。

このローターはとてもデリケートで、少しでも歪んだりすると正確なブレーキ 操作ができません。

欧州車はアウトバーンなどの高速走行をするため、ブレーキの温度上昇を抑えるために ブレーキローターが軟らかく、基本的に2回のブレーキパット交換でローターの交換 をしなければいけません。

このローターですが、取り替えると10万円ほどの費用が必要になります。

ブレーキパットの交換だけなら2万円までの費用で済むものが、 ローター交換となると、10万円ほどの費用に膨れ上がるので、 パットセンサーが警告する直前には交換することをお勧めいたします。

【裏ワザ】

ブレーキパットの残量がゼロになると、ブレーキパットが当たるローター という円盤状の金属を損傷させて交換が必要になってしまいます。

このローターはとてもデリケートで、少しでも歪んだりすると正確なブレーキ 操作ができません。

欧州車はアウトバーンなどの高速走行をするため、ブレーキの温度上昇を抑えるために ブレーキローターが軟らかく、基本的に2回のブレーキパット交換でローターの交換 をしなければいけません。

このローターですが、取り替えると10万円ほどの費用が必要になります。

ブレーキパットの交換だけなら2万円までの費用で済むものが、 ローター交換となると、10万円ほどの費用に膨れ上がるので、 パットセンサーが警告する直前には交換することをお勧めいたします。

運転指導の匠
商品一覧 お問合せ
space

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

車庫いれ.com

車庫いれ.com

縦列駐車.com

縦列駐車.com

メイン メニュー

運営元情報

サブメニュー

W3C
W3C css



ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。