自動車 運転 簡単駐車方法とは

車運転.com スマートフォン専用サイト
AT車の運転はとっても簡単です
運転指導の匠

AT車の運転が簡単そして驚くほど早く上手くなる方法とは

自動車の運転を苦手としている方は非常に多いですね。
でもコンプレックスなんて持つ必要なんて一切ありません!

心配しなくても大丈夫ですよ!
車を簡単に手足のように自由に操作できるようになりますから・・・。

AT車の運転が苦手な方はアクセルとブレーキ、そしてハンドルの3つを連動させた運転をしていないことが大きな原因で上手く運転ができておりません。

アクセル・ブレーキ・ハンドルの3つの操作を状況に応じて同時に、そして適切に対処しなければ車は運転者の思う通りには動いてくれないのです!

車の運転が苦手な方の大きな3つの特徴は

1.アクセルを踏んでいる時にはアクセルのことしか集中できない。

2.ブレーキを踏んでいる時にはブレーキのことしか集中できない。

3.ハンドルを回す時にはハンドルを回すことしか集中できない。

このように本当は上記の3つの操作を連動させて車を操作しなければいけないのですが、それがなかなかできない。

できない理由とは何が原因なのか?

とっても簡単 運転中に見る場所の問題なのです!(運転中の視線)

もしかしたら車が壁にぶつかるかもしれない・・・。
もしかしたら車が隣の車にぶつかるかもしれない・・・。

そのことが不安で不安だからアクセル・ブレーキ・ハンドルを連動させた運転を集中することができない。

ここで簡単な自己紹介ですが・・・。

私は長年 自動車業界に携わり、運送会社で自ら大型トラックの運転を経験後に管理者として トラックを乗ったことが無い人に対してアドバイスする立場になったことで 誰にでも簡単に運転ができる車の原理原則と運転方法を教える技術を身につけることができました。

そして現在では車の運転が苦手な方々に一切会わず、そして同乗しない通信教育方式だけで1000名以上の方々を 卒業まで導いてきました。

もう1000名以上も会わずに指導していると、ハッキリと「運転が上手い人の共通点」と「運転が苦手な人の共通点」があり、それを簡単に解決する方法を知っています。

運転が苦手な人 がつまずくポイントの数なんてホントの話し10個もありません。
解決方法なんてちょっとした目線の向きやハンドルの回し方、ブレーキの踏み方なのです。

運転が苦手な人は運転が上手い人とは違い、無意識に運転が難しくなるような運転方法で操作するからできないだけなのです!

恐らくここに書いている内容は他のインターネットサイトで書かれている内容とは大きく異なると思います。

ここに書いていることは、私が自ら大型トラックを運転・指導してきた経験と1000名以上も車の運転を悩んでいた方々にお会いすることなく、メールなどのやり取りだけで解決してきた実績を元に書いていおります。

ご参考にしてください。

※短時間に運転技術を向上させた動画もありますので最後までお読みください。

それでは本題のAT車の運転の仕方について解説します!

AT車の運転が簡単・早く上手くなるにはクリープ現象を上手く使うのです!

クリープ現象とは、N(ニュートラル)からD(ドライブモード)に入れてブレーキを離すとゆっくりと動きますよね。
この状態で車を操作していれば驚くほど簡単に上手くなります。

私はクリープ現象を使って運転している!

と思うかもしれませんが、車の運転が苦手な方はこのクリープ現象を使っているようで実際は使って運転していない。

スグにブレーキを踏んでしまい、その状態を殺して運転しています。

たったこれだけ?

と思うかもしれませんが、嘘だと思うのであれば「百聞は一見に如かず」でこれを意識して実際に運転してみてください。

このクリープ現象を使った運転をするだけで今まで以上に車はスムーズに動いてくれます。

但し、これは車を動かすだけの基本的な操作です!

これができると次に大きな問題となるのがバックではないでしょうか?
バックや細い道路での幅寄せなど・・・。

幅寄せ・車庫入れ・縦列駐車といったところでしょう。

運転が苦手な方はバックがとっても苦手。 苦手で当然です!

だって運転席は前を向いているのに、車が進む方向は後ろです。

それに加えてバックするとハンドルを回す方向は前進とは逆になるので、ハンドルを回す方向すら理解不能になり、ハンドルの向きすら分からなくなってしまう。

またバック時には後ろを振り返っても後部座席などの障害物があるために見えない・見えにくい。 特に左側の車庫入れを苦手とする方が非常に多い。

ここで間違った神話があります。

カーナビのバックモニターが付いてればバックはできると思っているかもしれませんが、バックモニターで見えるのは真後ろだけです。

バックで接触するのは殆どが真後ろではなく、後部座席のドア付近なのです!

一部の高級なカメラが装備されている車以外、バックモニターにも大きな死角があることを覚えておいてください。

乗用車の約3倍もの大きさがある大型トラックなんかバックカメラが付いていない車両なんていっぱいあります。

大型トラック

大型トラックは後ろに荷物を積む箱があるので、乗用車と違って運転席から後ろを振り返っても壁があるので真後ろは一切見えません。
それでもギリギリのスペースだって問題なくバックできます。

あっ!これって運転技術があるからではありませんよ!
バックが苦手な方は自動車教習所で教わることが無かった車の原理原則を知らないから勘違いしているだけです!

あんなに大きな車両にバックカメラが付いていないのは危険ではないのか?
普通であればそう思うでしょう! しかしバックカメラは真後ろしか見えないので、接触を回避する運転にはそれほど役に立たないからです!

まぁ、大型トラックにバックカメラが付いていないより、付いている方がいいのかもしれませんがバックカメラが付いていてもそんなに役に立ちません!(殆ど見ません)

私自身がバックカメラがない大型トラックを運転してきたので言っていることはウソでなく間違いありません!

※大型トラックにもルームミラーは付いていますが、ルームミラーがあっても壁しか写らないので、ドライバーはみんなミラーを手鏡のように自分の顔が写る角度にしています(笑)

車の運転は慣れると上手くなる!のウソ

space

そして多くのサイトでは車の運転が苦手でなくなるのは、運転経験による「慣れ」と解説していますが、実は「慣れ」なくても簡単に上手く運転ができるようになります。

ほとんど練習なんかしなくても簡単に上手く運転ができる?
嘘のようなホントの話です。

運転しなくても簡単に上手くなる秘訣。
それは車の原理原則を知ると驚くほど短時間に早く上手くなります。

ちょっと信じがたいコメントだと思います。

しかし私は自動車の運転が苦手な方々に一切会うこと無く、そして同乗することなく、メールなどのやり取りだけで1000名以上の方々のお悩みを解決してきた実績があるから間違いありません。

その確率は、ほぼ100%に近い数値です!

簡単に早く上手くなる方法は運転経験で慣れることより車の知識なのです!

自動車教習所では教えてもらえなった車の法則を知ると誰でも簡単に上手くなります。

よくよく冷静に考えてください。

だって自動車は機械ですよ!

それも一般道を普通に運転するだけです。
レースなど極限状態の運転ではありませんから・・・。

車は所詮 機械ですから車には感情など一切ありません。
機械だから誰が運転しても同じように操作したら結果は同じになりますよね。

だから慣れなんかではなく、車の絶対的な原則を活用する知識なのです!

車の運転が得意な方と不得意な方の運転方法の違いをお教えします!

運転が上手い人と苦手な人の違い 7つのポイント

space

ハンドル操作(タイミング)

運転が上手い人ハンドルを切り出すタイミングが遅い
(運転が上手い人は最小限にしかハンドルを切らないのでハンドルは真っ直ぐ状態が多い)
運転が苦手な人ハンドルを切りだすタイミングが早い
(必要以上にハンドルを切りたがる ハンドルを早く回すと車の角度がスグに変わる)

運転が上手い人ハンドルを切り出してからハンドルを回すスピードが早い
(車の動きを事前に予測してハンドルを切るため、切るポイントで素早く切る)
運転が苦手な人ハンドルを切りだしてからハンドルを回すスピードが遅い
(車の動きが予測できないので、切ってみたけど切り過ぎ・切れていなかったの両極端)

ハンドル操作(回す量)

運転が上手い人無意識にハンドルは最小限しか回さずに運転する
(運転が上手い人はハンドルを回す量が少ないからハンドルの角度が明確に理解できる)
運転が苦手な人無意識にハンドルが回らなくなるほど最後まで回す
(運転が苦手な人は左右に多く回し過ぎる だからハンドルの角度が分からなくなる)

シートポジション

運転が上手い人シートポジションは後ろ過ぎず、前過ぎない
(ハンドルを持つと腕が軽く曲がるポジション)
運転が苦手な人シートポジションは高くて異常なほど前
(ハンドルが胸に付くほど近いからハンドルを適正に回すことができない)

ブレーキ操作

運転が上手い人ブレーキは最小限 アイドリング・エンジンブレーキを多用
(最初に簡単に上手くなる方法のクリープ現象を使った運転をしている)
運転が苦手な人無意識に数多くブレーキを踏み、またブレーキを踏む量も多い
(車が接触するかもしれない・・・。の恐怖心から不必要にブレーキを使う)

目線(通常の走行時)

運転が上手い人遠くを「ボヤっ~」と見ている
(遠くを見ているから全体像が掴める。 後方はしっかりとバックミラーで見ている)
運転が苦手な人近くをシッカリと見ている
(1点集中で特に前しか見ていないから全体像が掴めずに接触させてしまう)

目線(車庫入れなどのバック時)

運転が上手い人車を点で捉え、車の動きに合わせて見ている場所が少ない
車を点で捉えるから見た目の大きさに左右されず、点と点を通過させることに集中できる
(ミラーを多用し、後ろは殆ど振り向かない・窓から顔を出さない)
運転が苦手な人車全体を捉え、車が動いていても1点集中でしか見ていない
車を全体で捉えるためハンドル・ブレーキなどの明確な操作基準がなく車の大きさが重要
(ミラーを使わず後ろを振り返って目視する・窓から顔を出す)

目線(幅寄せ時)

運転が上手い人通常の運転姿勢で幅寄せする
(幅寄せで姿勢を崩さないから車体の幅がほぼ正確に掴むことができる)
運転が苦手な人ボンネットの先覗き込むように姿勢が前になって幅寄せする
(覗き込むと左側のタイヤの位置が見えると信じて覗き込むが逆に車幅感覚が掴めない)

7つのポイントであなたは何個該当しましたか?

space

恐らく運転が苦手でないよ!
という方も上記の項目で該当する部分が入っている可能性があると思います。

上記の項目で一つでも該当があれば、それは感覚だけで運転していることになります。

そして運転が苦手で怖いと思っている方は上記の7つのポイントについて「運転が上手い人」の運転方法をマネしたくても怖くて運転できるはずがない!
と思ってしまうでしょう!

当然のことです!

7つのポイントが簡単にクリアできるようになるのは実は簡単なことなのです!

その答えとは

絶対に車を接触させない自信があれば誰にでもできるのです!

そう、車がどの場所で接触したり、脱輪したりするかが判断できないため、不安で不安で仕方がないから7つのポイントが上手くできないだけなのです!

ここで運転が苦手な方に質問です!

何も無い広い場所で自分の車しかない状況でも運転して怖いと思いますか?
恐らく殆どの方は運転だけに集中できるから怖くないはずです。

もしかしたら車を接触させるかもしれない・・・。

こんな不安があるからハンドル操作やブレーキ操作に自信がなくて苦手ではないですか?

7つのポイントは車を絶対に接触させないと信じることができれば誰にでも簡単にできてしまうのです。

下の映像をご覧ください

免許取得後6ケ月のペーパードライバー(男性)が練習もせずに車の原理原則について車外で解説を受けただけで30分後には変わりました。

AT車の運転 方法 仕方とコツ

商品一覧 お問合せ
space

後ろを振り向かなくても車庫入れができるようになったのは・・・

space

どうでしたか?

この映像だけで全てはご理解いただけないかもしれない・・・。

講習前には本当に下手だったペーパードライバーがたったの30分という僅かな時間で同乗もせずに上手く運転ができるようになったのです!

最初は窓から顔を出してバックして接触させてしまいましたが、講習後には窓から顔も出さない、後ろも振り向かないでバックするとに成功しました。

後ろを振り向いて見えない障害物には20cm程度まで近づけることに成功!

車庫出しでは障害物との距離がわずか10cm程度でしたが、接触せずに車庫出しに成功!

この講習を受けたのは、たった30分、それも車外で車の原理原則を聞いただけです!

ナゼたった30分間という短時間で運転が上手くなったのか?

それは車の絶対的な動きを知って、接触させずに運転ができる自信がついたからです!

もしかして、あなたは大きい車の方が難しいと思っていませんか?

実際は大きい車の方がハンドル操作はアバウトでも修正が効きやすい。
小さい車はハンドルを少し切ると車体が短いから角度がスグに変わってしまいます。

だから本当は小さい車の方がハンドル操作はシビアで難しいのです。

見た目が大きい車は心理的プレッシャーがあるので、難しいと思い込んでしまいます。
車がどれほど大きくても絶対に接触しない自信があったら心にゆとりを持って運転することができます。

軽自動車から大型トラックまで絶対に変わらない絶対法則を知ることで運転は確実に上手くなります。

そして車の原理原則を知ってしまえば、車の大きさなんて関係なくなりますから一度習得してしまうと車を乗り換えても一生使える運転方法なのです!

space
保証

全額返金保証をお付けするので運転が上手くならなければ全額返金いたします。
運転に自信を持っていただくためのビジネスであり、100%近い確率で卒業まで導いてきた運転指導者としてのプロの自信があるからです!

返金保証内容については商品詳細に明記しております。
低価格 車庫入れ編と幅寄せ編には返金保証が付いておりません。
縦列駐車編のセット商品は縦列駐車編のみ返金対象外となります。

サポート
お得

公開中のサポートファイル(ログイン ダウンロード方式)

公開している情報の内容について
好きな新品タイヤを安く交換する方法(ディーラ・大手カー用品店で10万円程度なら7万円で交換できる)
自動車保険を安くする方法(ブルー免許なのにゴールド免許割引が適用できる方法)
覆面パトカーの見分け方(覆面パトカーの運転技術を知ることで安全運転に役立つ情報)
マンション機械式駐車場 道路幅の狭い車庫入れ方法(機械式駐車場など狭い車庫で簡単に運転できる方法)
車庫入れ補足マニュアル(車庫入れがもっと簡単になる車体の角度45度の方法)
バッテリー上がりの対処(女性でもできる!ブースターケーブルの安全なつなぎ方と始動方法)

安心してご購入して頂くために

無期限・回数無制限 フルサポート

返金保証対象商品には無期限・回数無制限のフルサポートが付いております。

サポート内容は、車の運転は当然で、損害保険資格・中古自動車査定士などの資格を有しておりますので、自動車保険の加入に関して、どこの保険が安くて保障が充実しているのか?
また新車・中古車の買い替え時に損しないためのアドバイス
(中古車なら事故車の見分け方など)
交通事故や車の整備・交通違反など車に関する全てのサポートを行っております。
※弁護士法に抵触する事故の示談などについては行っておりません。

他では販売してないオリジナルグッズ付き

ペーパードライバー教習に通われても自信が持てなかったクライアントがこのグッズを使用することで運転が上手くなったオリジナルグッズをプレゼントいたします。

space
商品一覧 お問合せ
space

PageTop

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

車庫いれ.com

車庫いれ.com

縦列駐車.com

縦列駐車.com

メイン メニュー

運営元情報

サブメニュー

W3C
W3C css



ご注文について Web ご注文 FAX ご注文


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。